Sample Image

ゴムを切る方法

ゴムを加工するにあたってのメリットの代表として、刃物でのカットが可能、というものがあります。
これは、鉄や樹脂の加工では見られないものです。
ですから、たとえ厚みのあるゴムであっても、カッターナイフでの工作のように、カットしていくことができるのです。
このメリットのポイントは、カットの時間が早くなり、材料のムダがなくなる、
削った時のごみを少なく抑えることができる、と多くのプラス点が得られます。

カット方法はいくつもあります。
まずは、カッティングプロッター加工です。
これは、製図用プリンターと同じ理屈でカットするものです。
CAD入力されたデータに基づいてカッターが形をかいてカットするのです。
とりわけ、薄物のシート状のものの加工に向いています。

次に、ウォータージェット加工があります。
これは、動作としてはカッティングプロッターと同じですが、工具ではなく、水圧によってカットする手法です。
カッターでは加工しにくい厚物の素材や硬い材料などの加工によく使われています。

そして、プレス加工があります。
これは、抜き型のプレスを使って圧力をかけて、押し切るする方法です。
最初のロットでは型代が必要となりコスト負担が必要ですが、
量産段階になると加工コストが圧倒的に下がってきます。

また、短納期対応も可能です。
このように、多くの切り方があります。

Copyright(c) 2014 HOW TO ゴム加工 All Rights Reserved.