Sample Image

ゴムに穴をあける方法

ゴムに穴をあける場合、その方法はドリルによる加工と削りによる加工の2種類に分類されます。
ドリルによる加工では、あけたい穴のサイズに合わせた工具を使用し、
その工具を高速で回転させながら垂直に降ろすことで穴をあける仕組みとなります。
この際に使用する工具は、加工するゴムの厚みや硬さにあわせて選ぶことになります。
一般的には鉄や木材に穴をあける際に使用する工具と同じものが使用されますが、
あける穴の数が多い場合や、小さな穴をあける必要がある場合などでは、
コンピューター制御によって加工を行うタイプの機材を使用することで、より精密に加工を行うことができます。

削りによる加工は、ドリルによる加工が難しい形状の穴をあける場合や、
適合する工具がないイレギュラーなサイズの穴をあける場合に行う加工方法です。
この加工方法は、工具を回転させながらゴムの表面に降ろす工程はドリルによる加工方法と共通していますが、
そのまま垂直に降ろして貫通させるのではなく、機材のコンピューターに予め入力されたプログラムによって
工具の主軸を動かしながら表面を削っていきます。
この加工方法では、完全な円形の穴だけでなく、楕円形のような特殊な形状の穴にも対応することができますが、
ドリルによる加工方法と比較すると、時間が長くかかることや、
材質によっては加工することができない場合もあるなど、特有の欠点があります。

Copyright(c) 2014 HOW TO ゴム加工 All Rights Reserved.